ゲーム本で楽しさ100倍★ファミコン、ゲームボーイ、PCエンジン、スーパーファミコン等、レトロゲームをより楽しむ為の書籍たちを紹介★


皆さん、こんにちわ、こんばんわー( ^ω^ )ฅ Ranです

最近、我が家の近くのTSUTAYAが閉店してしまい、集めているコミックの新作やゲーム本を購入する所がなくなってしまったんです(oTωTo)

近隣のコンビニでは超メジャー所のコミックしか置いていなく、ゲーム本に限ってはファミ通も殆どお目にかかれない状態💧

もうネットで購入するのが当たり前なのかもしれないけど、やはり実際の本に囲まれて、その中から欲しい本を見つけて購入するっていう所が本屋さんならではの楽しい所なんですけどねぇ(o・ω・o;)

でもまぁ、びぃびぃ言っていても仕方ない事なので、もう結局ネットで購入してやりましたw はい。

新作コミックは目当ての物が決まってるので検索して直ぐに購入しましたが、他ゲーム本を色々と見てみると、レトロゲームブームのせいか、レトロゲーム関連の本が以外にも沢山あって見てるだけでも楽しめました

という事で、今回は私の好きなレトロゲーム関連の本にスポットを当て、実際に購入して読破したオススメの本、また気になった本を紹介していきたいと思います(★ゝω・)ノ


ニンテンドークラシックミニ関連


「ファミコン通信 」
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの発売と共に限定で復活。
当時の懐かしいファミ通の雰囲気で、ミニファミコンに収録されている30作品を画像付き、カラーで紹介。
高橋名人と毛利名人の対談では当時の秘話やインタビューが掲載されています。
楽しいのは、ファミコンソフト、ディスクシステム、ファミリーベーシックをペーパークラフトするという妄想企画。
画像をカラーコピーして点線で切り、厚紙等に張り付けて組立ると、ミニファミコンのサイズに合った飾りが作れてしまうというもの。
他、30作品のタイトルパッケージシールが付録になっており、読んでも、遊んでも楽しい一冊。


「スーパーファミコン通信」
先ほど紹介したミニスーファミ版。
ミニスーファミに収録されている21作品を紹介。
付録として、タイトルパッケージシールと「星のカービィスーパーデラックス」、「ファイアーエンブレム 紋章の謎」、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の攻略本3冊が読めるダウンロードコード付き。


「Vジャンプ8月号増刊 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン世界最速クリアガイド」
ミニファミコン少年ジャンプ創刊50周年記念Verに収録されている20作品の各難所をピンポイント攻略として紹介。
他、ジャンプ&Vジャンプ元編集長のインタビュー掲載などジャンプファンも必見の一冊。
付録は、世界最速クリアガイドの特製イラスト、スペシャルパッケージギャラリーのポスターとなっています。


初代レトロゲーム関連


「懐かしのファミコン ムリゲー大全」
クリアは無理と言われた、通称ムリゲーが多く発売された1980年代。
そのリアルタイムにプレイしていた方々に送る1冊。
当時、ムリゲーと呼ばれていたファミコンソフトたちを「ボス」「中ボス」「大ボス」「裏ボス」という順にランクわけをして、実際にムリゲーと感じる部分や、裏技、小ネタなど合わせて紹介しています。


「高橋名人のゲーム35年史」
かつて、ファミコンの名人と呼ばれ一世風靡し、大人から子供まで大人気であった、現ゲーム界のレジェンド「高橋利幸」こと「高橋名人」。
その高橋名人誕生から当時のゲームに纏わる秘話。
そしてレトロゲームブームからゲームセンターCXなど現代のゲーム事情まで、今だから語れる高橋名人側から見たゲームの歴史や裏話が詰め込まれたスペシャルな一冊。
特に当時のファミコンっ子で「ファミコン・16連射・ハドソン・ゲームは1日1時間」といったキーワードに「むむっ!」と体が反応した方にオススメしたい本です。


「PCエンジンコンプリートガイド」
レトロなTVゲームの中でも希少価値が高く、人気のソフトも多いPCエンジン。
有名コレクターが協力し、その全ソフト、本体、周辺機器を画像付きで紹介しているという価値ある一冊です。
今では高価でなかなか入手出来ない機器やソフトばかりなので、パッケージやゲーム画面が掲載されている所はとても嬉しいですね。


「携帯型ゲーム機 超コンプリートガイド」
初代「ゲーム&ウォッチ」から現代の「3DS」「PSVITA」まで幅広く様々な携帯型ゲーム機を紹介。
その歴史を辿りながら、進化の過程を画像、解説付きで掲載。
日本では知名度の低い海外物の携帯型ゲーム機や海賊版なども紹介しているという事で、マニアック臭にワクワクする一冊です。

他、ファミコン、ゲームボーイ、メガドライブ版のコンプリートガイドもありました↓






「The 移植ゲー」
かつてゲームセンターや喫茶店でしか遊べなかったゲームが、自宅で遊べる家庭用ゲーム機として登場した時は正に夢の様でしたが、その中でアーケードゲームを人気家庭用ゲーム機に移植する形で制作された、所謂「移植ゲー」も多数存在しました。
そんな移植ゲーにスポットを当て、その歴史と、アーケード版・オリジナル版を画像付きで比較紹介している一冊。
初代アーケード版を知った上でオリジナル版をプレイしてみると、様々な違いや発見があり、また一風変わった楽しみ方ができるかと思います。


「非売品ゲームソフトガイドブック(ゲームラボ選書)」
懸賞品や大会の賞品、体験版、デモなど、一般販売されていない激レアソフトたちを紹介。
ゴールドに輝く非売品のカートリッジ等は、その響きだけでも一度手に取って見てみたいと思わせる魅力がありますが、この世に数本しか存在しなく、数十万円単位で取引されており、雲の上の存在なので、もうこの本で見て楽しむしかない!ですね。


「ドラゴンクエスト 25周年記念BOOK」
ドラゴンクエストが生まれてから早30年を超えておりますが、こちらは25周年時に記念として発売された印象的な一冊。
シリーズ「Ⅰ」~「Ⅸ」の紹介、当時の資料集、名シーン、攻略、グッズなど全カラーページで掲載されており、メモリアルに相応しい内容となっています。
目玉は「ファミコン神拳 電子書籍収録特典DVD」&「鳥山明先生描き下ろしイラストB2ジャンボポスター」&「スペシャルステッカー」の付録。
現在、ファミコン神拳の本を購入しようと思っても、状態の良い物はプレ値が付いている物もあり、入手が難しいので、この値段で電子書籍として読めるのは嬉しい方もいるのではないでしょうか。


「10th Anniversary PlayStation&PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション」
2004年までに発売された、PlayStation/PlayStation2の全ソフトタイトル(約5千本)が掲載された一冊。
各ソフトの説明に関しては、有名ソフト以外はサラッと数行で紹介しており、その名の通りカタログ的立ち位置の一冊。
付録のCD-ROMには、レベルMAX、隠しキャラ、アイテムの所持など特殊な状態でプレイ出来る、約1500のセーブデータが収録されている様です。
中古本の場合は、CD-ROMが付属されているかを必ず確認してから購入したいですね。


はい。こんな感じで、今回はレトロゲーム関連の本を紹介してみましたが、ゲーム本で検索してみると他にも様々な本に出会えるかと思います。

ゲームの歴史やうんちくを知ったり、カタログを所持して実際にコレクションしていったりと、1冊の本からまた別の楽しみ方へと広げていけるのは、なかなか面白いです

特にレトロゲーム好きな方や、これからレトロゲームを知っていきたいという方、興味があれば是非チェックしてみて下さいね

ではでは~( ^ω^ )/

この記事へのコメント